高収入が期待できるデーターべースエンジニア

現在は売り手市場と言われているデーターべースエンジニアの仕事。

収入はどれくらいかというと、スキルにもよりますが、年収で500〜1000万ほどと言われており、高い水準を保っています。

月収ベースでは平均して30〜50万ほどになっています。

転職も頻繁にあり、有能な人材はより高待遇で他社に引き抜かれるというケースも多くあり、人材の入れ替わりも激しい業界です。

データーべースエンジニア転職をする方は20代の方も多く、若い人が活躍している業界です。

一般企業であれば20代で年収500万はかなり高収入と言えるでしょう。

20代でもスキルがあれば高収入は可能で、とにかくスキルがものを言う世界です。

中でも有名なのがOracleのプラチナという資格。

この資格を取れれば年収もアップされやすいと言われていますが、かなりハイレベルな難しい資格と言われています。

興味のある方はチャレンジすると良いでしょう。

その他にもOracleマスターなど、評価に繋がる資格もあります。

一定の評価に繋がるので、こちらも勉強して取っておくとよいでしょう。

ただし、やはり実際に収入アップにダイレクトに反映されるのは実力。

実践で積み重ねたスキルで出した成果が評価に大きく反映されます。

IT業界は成果が給与に反映されやすい職種です。

自分のスキルを磨いて、その実力を発揮する場を求めている方、それによって沢山収入を得ていきたいと考えている方にはデーターべースエンジニア転職はお勧めだと言えます。